豚プラセンタのうわさ

豚プラセンタの事が気になって、心に引っかかってませんか?このサイトで、豚プラセンタに付いて、調べてしまいましょう。



しかし、最近では、狂牛病などの病気による伝染病や、一方、プラセンタに人気が出てきたことによる、原材料の大幅不足になっていること、さらに原材料不足が原因となると、他の国から生産や輸入をしなければならなくなり、その生産および輸入に対する歯止めなど、多くの理由から人間プラセンタや牛プラセンタは、あまり使用することができなくなったのです。 その注目されているものは、「SPF豚」と呼ばれる有害な菌が発生しないように管理され、SPF豚から採取した胎盤は、胎盤の有効成分を破壊してしまう雑菌処理が、普通の豚と比較すると随分少なく済み、普通の処理を実施したプラセンタと比較すると、パワーが数倍あるといわれています。プラセンタに関しては、人間の胎盤を抽出した物ですが、豚プラセンタとはその名前の通り、人間に代替し、豚を利用し、豚の胎盤から抽出された物なのです。



いわゆる無農薬の豚で、SPF豚の称号は、たいへん清潔な場所で抗生物質などを一切使用せず、健康に育てられ、その中でも、厳しいチェックをパスした豚だけにSPF豚の称号が与えられる、豚プラセンタなのです。 SPF豚は、日本spf豚協会が認定したspf豚認定農場にて、徹底した衛生管理のもとに飼育された豚です。 豚プラセンタが使用される前は、健康食品や化粧品などにも、人間のプラセンタや牛プラセンタが使用されていました。



現在、豚プラセンタは化粧品やサプリメントに使用されていますが、ある豚の胎盤が使用されたプラセンタ商品が注目されているのです。 なお、現在では、人間のプラセンタは医薬品の使用が認められています。 なぜ国産品では、健康食品や化粧品で使用されているプラセンタについて、豚プラセンタが使用されているのでしょうか。



通常の豚は1ケ所で相当大量の豚が飼育されているので、種々な感染病にかかることが結構多く、ワクチンや抗生物質などの医薬品が病気予防のために大量に使用されています。 また、サプリメントや医薬品など、皆さんが使用している健康食品や化粧品は、国産のものの殆どの商品は、豚プラセンタが使用されています。




豚プラセンタに関連するサイト調べてみました。



[STMX] 馬プラセンタ デスティニー EX

馬プラセンタは豚プラセンタの約271倍のアミノ酸量を誇ります 馬プラセンタは豚プラセンタの約271倍のアミノ酸量を誇ります

http://www.store-mix.com/ko-bai/



プラセンタP?50

プラセンタP?50 (食用豚プラセンタ) プラセンタP?50は、独自製法による豚由来食用プラセンタ粉末(50%デキ

http://www.nakayamalabo.co.jp/



アロマセラピ

豚プラセンタ 豚のプラセンタ(その名のとおり)です。 牛由来のプラセンタが狂牛病問題で使用できなくなったため、現在主に豚由来のプラセンタが使われているようです

http://www.axxenz.com/