医療品・医薬品としてのプラセンタの関連情報

医療品・医薬品としてのプラセンタはここ最近、益々興味深くなり、世間の関心を集めています。このサイトでは、なるべく沢山の医療品・医薬品としてのプラセンタに関する情報を集めています。



また、最近では効果が美容にもあることが分かっていて、化粧品やサプリメントなどもたくさん販売されています。プラセンタは、漢方薬の原料としても古来より使用されてきた、歴史ある成分で、現在では、医薬品として相当数の医療機関で、注射薬や内服薬などで成果を伸ばしています。 例えば、「医学の父」ヒポクラテスが、プラセンタを治療に医療品として使ったり、クレオパトラやマリーアントワネットは、その美しさ、若さを維持するために飲用したといわれています。



プラセンタの効果は知っているのだけど、注射は苦手、多忙で注射をなかなか受けられない方にお勧めなのが、プラセンタの内服薬です。 注射や点滴と比較すると効果は若干ダウンしますが、内服薬の服用を長く継続すると、プラセンタ注射と同様の効果が得られるといわれています。 プラセンタとは、お腹の赤ちゃんを僅か10ヶ月で成長させる、凄い機能を持った胎盤のことで、その胎盤を抽出して使用されます。



効能は胃十二指腸潰瘍、膠原病、肝機能障害、アトピー、自律神経失調症、リウマチ、喘息などの疾患、不眠、腰痛、肩こり、関節痛、筋肉痛、シミ、生理不順、月経困難症、くすみ、皮膚乾燥症、肌荒れ、冷え性、しもやけ、更年期障害、風邪をひきにくくなるなどの免疫強化作用など、効果が幅広く期待されています。 このプラセンタは、クリニックによって、豚のプラセンタ内服薬しか扱っていない所もありますが、医師のカウンセリングを受けてからでないと、購入することはできないので注意してください。



無理なく効果的なプラセンタ使用方法は、プラセンタ注射や点滴をメインにし、病院に通院できない時には内服薬を服用する方法でしょう。 クリニックで購入できるプラセンタ内服薬は、市販されている健康食品などと異なり、医療機関でのみ扱える医薬品であり、豚のプラセンタではなく、人間のプラセンタを原料としていているクリニックが結構あるようです。




医療品・医薬品としてのプラセンタに関連するサイト調べてみました。



タグ / 医薬品 - livedoor ブログ(Blog)

医薬品としての医療品 プラセンタは漢方薬の原料としても古来より使われてきた、歴史ある成分で、現在では、医薬品として内服薬や 注射薬などで多くの医療機関で成果を伸ばしています。 プラセンタとは、お腹の子供をたった10ヶ月で成長させる ...

http://blog.livedoor.com/t/



医薬品とは...

... 判断しない成分本質(原材料)リスト。厚生労働省が専ら医薬品として ... 医薬品等の広告規制について(薬事法) 薬部外品・化粧品・医療機器・健康食品・健康器具(用品)・美容器具平成19年8 ... 戻すことも数ヶ月で、「カニューレ」、痛みも多くの「プラセンタ ...

http://topmx.co.uk/88E396F29569/



プラセンタの歴史

... サプリ、プラセンタ・コスメなどになって医療機関で使用されたり市場で容易に購入できるようになっっているわけです。プラセンタ注射液のラエンネックとメルスモンは医薬品として ... ちなみに、プラセンタ美健夢楽ではプラセンタ注射液などの医療品は ...

http://sm1le.net/